文字の大きさ

法句経(ダンマパダ)特選集

1. 物事は心にもとづき、心を主とし、心によってつくり出される。 もしも汚れた心で話したり行ったりするならば、苦しみはその人につき従う。 荷車をひく牛に車輪がついていくように。

2. 物事は心を主とし、心によってつくり出される。 もしも清らかな心で話したり行ったりするならば、福楽はその人につき従う。 影がそのからだから離れないように。

15. 悪いことをした人は、この世で(うれ)え、来世でも憂え、二つのところでともに憂う。 彼は自分の行為が汚れているのを見て、憂え、悩む。

16. 善いことをした人は、この世で喜び、来世でも喜び、二つのところでともに喜ぶ。  彼は、自分の行為が清らかなのを見て、喜び、楽しむ。

17. 悪いことをなす者は、この世で()いに悩み、来世でも悔いに悩み、二つのところで悔いに悩む。  「私は悪いことをしました」といって悔いに悩み、苦難のところ(地獄など)におもむいて(罪の報いを受けて)さらに悩む。

18. 善いことをなす者は、この世で歓喜し、来世でも歓喜し、二つのところでともに歓喜する。  「私は善いことをしました」といって歓喜し、幸あるところ(天界など)におもむいて、さらに喜ぶ。

50. 他人の過失を見るなかれ、他人のしたこと、しなかったことなど見る必要がない。  ただ自分がしたことしなかったことだけを見よ。

62. 私には子供がいる。私には財産があると、愚か者は悩み苦しむ。 自分でさえ自分のものでないのに、ましてどうして子供が自分のものであろうか。 どうして財産が自分のものであろうか。

106. 善を成すのを急げ。悪から心を退けよ。善をなすのにのろのろしたら、心は悪事を楽しむ。

107. 人がもし悪いことをしたならば、それを繰り返すな。悪事を心がけるな。悪が積み重なるのは苦しみである。

108. 人がもし善いことをしたならば、それを繰り返せ。善いことを心がけよ。 善いことが積み重なるのは楽しみである。

119. まだ悪の(むく)いが熟しないあいだは、悪人でも幸運に()うことがある。  しかし、悪の報いが熟したときには、悪人はわざわいに遇う。

120. まだ善の報いが熟しないあいだは、善人でもわざわいに遇うことがある。  しかし、善の果報が熟したときには、善人は幸福に遇う。

121. 「その報いは私にはこないだろう」と思って、悪を軽んずるな。水が一滴づつ滴りおちるならば、水瓶でも満たされるであろう。愚かなものは、水を少しずつでも集めるように悪を積むならば、やがてわざわいに満たされる。

122. 「その報いは私には来ないであろう」と思って、善を軽んずるな。水が一滴ずつ滴り落ちるならば、 水瓶でも満たされる。気をつけている人は、水を少しづつでも集めるように善を積むならば、 やがて福運に満たされる。

223. 怒らないことによって怒りに打ち勝て。善いことによって、悪に打ち勝て。分かち合うことによって物惜しみに打ち勝て。真実によって虚言の人に打ち勝て。

252. 他人の過失は見やすいけれども、自分の過失は見がたい。人は他人の過失を籾殻(もみがら)のように吹き散らす。しかし、自分の過失は隠してしまう。狡猾(こうかつ)賭博師(とばくし)が不利なさいの目をかくしてしまうように。

この言葉を繰り返し語ろう !「仏の言葉」
携帯に毎日配信・PCに週一配信  無料メールマガジン「仏の言葉」

サイトマップはちすネットリンクフリー
copyright(c)2008 hachisu-net.com