■皆さんのご意見を見てみる
 法話の目次へ

  「六道めぐりの生活」

沙門瑞雲  

私たちの生きざまにはさまざまな姿があります、仏教ではこのさまざまな様相を天上界、人間界、阿修羅界、畜生界、餓鬼界、地獄界の六道というかたちで表しています。私たちは日々この六道をぐるぐるとめぐっているようなものです。

「天上界」は幸せばかりで苦しみのない世界です。

「人間界」は悩みもあれば喜びもある、苦しみもあれば楽しみもある、悲喜こもごもです。

「阿修羅界」は争いの世界で、ののしり叩きあい、殺しあいが絶えない、戦争もそうです。

「畜生界」ではすべてが自分本位で、わがまま勝手にしか生きようとしない。

「餓鬼界」とは心身ともに満たされることがなく満足のないところです。

「地獄界」は苦しみが尽きず苦がまた苦を生み出す、苦しみだけの世界です。

これらの世界は生まれる前、すなわち前世でもなく、死後の世界でもなく、すべて日々生活しているこの世の現実そのものです。六道といっても、区分されたそれぞれそういう世界があるというものでなく、渾然一体となった、この現前の世界そのものです。

煩悩を捨てきれないから、天上、人間、阿修羅、畜生、餓鬼、地獄、この迷いの世界(六道)を私たちはぐるぐるとめぐって日々生活しています。迷いながら生活している私たちですが、迷いにすら気ずかずに日々を過ごしています。煩悩があるから迷うのですが、煩悩があるから覚りもある、明と暗みたいなもので悟りも迷いも、渾然一体のものです。この迷いの世界で目覚めた生き方ができる人を仏という。

hasu-line



post このお坊さんへお手紙


Key word of bookshelf

永平寺永平寺

修証義修証義

正法眼蔵正法眼蔵

永代供養墓

坐禅坐禅

ミニ仏壇

守り本尊

お数珠

仏具

葬儀のあと葬儀のあと




お問合わせ

copyright(c)2006 hachisu-net.com all rights reserved