宗派を超えた・やさしいPC法話
ボタン 僧侶の派遣は明確なお布施の「はちす会」

お盆を過ぎた辺りから朝晩の風に秋の香りを感じるようになりました。

夏の厳しい暑さを乗り越えると爽やかな秋が訪れます。

様々な味覚や視覚など五感を総動員して楽しめる季節であり、お彼岸の季節でもあります。お盆を過ぎた辺りから朝晩の風に秋の香りを感じるようになりました。

夏の厳しい暑さを乗り越えると爽やかな秋が訪れます。

様々な味覚や視覚など五感を総動員して楽しめる季節であり、お彼岸の季節でもあります。

かえ行

「彼岸」とは「到彼岸」のことで、「迷いの世界から、悟りの世界に到る」という意味です。

かえ行

私たちの今いる世界は「彼岸」(悟りの世界)とは反対の「此岸」(迷いの世界)にいます。

秋分の日には太陽が真東から真西に沈むところから、その先に「西方浄土」を願いお念仏したことが始まりとされています。

日本では仏事と文化の繋がりを切り離すことはできません。元々の文化に仏事が結びついたものや、仏教の教えに基づいて形を成した文化もあります。

かえ行

お彼岸にはお墓参りに行く人も多いですが、お念仏をする相手は「御先祖様」だけになっていないでしょうか。

私たちに繋いでくれたこの「命」に感謝する気持ちは大切にしなければなりませんが、「彼岸」(極楽浄土)に連れて行って下さった「阿弥陀様」に何よりお念仏して感謝しなければなりません。

それは今迷いの世界(此岸)にいる私たちもいずれは、阿弥陀様のお慈悲によって悟りを得て極楽浄土に生れさせて頂きます。

かえ行

親鸞聖人は道綽禅師の「安楽集」より次の言葉を引用されました。

真言を取り集めて、往益(おうやく)を助修(じょしゅ)せしむ。
いかんとなれば、前(さき)に生れん者(もの)は後(のち)を導き
後に生れん者(ひと)は前を訪(とぶらへ)
連続無窮(むぐう)にして、願わくは休止(くし)せざらしめんとす。
無辺の生死海(しょうじかい)を尽くさんがためのゆえなり。

(如来の真実の言葉を採り集めて、往生の利益を修めるように助けたい。

何故かといえば、そのためには、先に生れた者は後からくる者を導き

後に生れるものは前の人をたずねて、願わくば、それがいつまでも連続して

中途で途絶えることないようにしたいものである。

はてしなき限りなき生死の大海に苦しむ者を汲み尽くさんがためと願うものである)

かえ行

お釈迦様が説かれた阿弥陀如来の私たちを救い取る願いは尽きることがありません。

先の人たちは全て極楽浄土に向かいそこで教化され仏になります。その姿は私たちの知る姿ではありませんし、煩悩具足の私たちには見ることもできません。

しかし、必ずお念仏と共に私たちを導いてくださいます。

だからこそ私たちは「御先祖様」を通して「南無阿弥陀仏」のお念仏を唱え「阿弥陀様」に感謝しなければなりません。

かえ行

九月の季語に「爽やか」という言葉があります。

この「爽やか」は私たちの五感すべてで感じることができます。

お彼岸にはお墓だけでなく機会があればお寺にも足を運び、座り手を合わせ蝋燭の明かりに包まれてお香を楽しみお念仏を唱え阿弥陀様のお心を感じてください。

合掌

 義援金・救援金募集・日本赤十字社