永年の疑問が・・・

                                                                                         

釈 文誠

浄土真宗では、「すべての人を救わないではおかない」という阿弥陀如来の誓い(=無量寿経の第十八願)を信じて、ああ、ありがたい、自分のような者まで救ってくださるのか、思わず手を合わせて念仏申し上げようとするその時、すでに救われている、お浄土へ行くことが決定していると考えます。

大変シンプルな教えです。何の修行もいらず、ただ信じるだけでいいのですから、 誰にでも出来るもっとも易しい教えだとも言えます。

しかし、私はいい教えだなと感じながらも、ずっと何かに引っかかっていたようで す。特に「必ずお浄土へ行けるんですよ、ありがたいですね、報恩感謝の思いで念仏 申しましょう。」 などと、ややもすると、お浄土へ行くこと、死後のことだけが強調されるとき、何か 違うのではないか、と感じていたようです。

その永年の疑問が氷解するのが、御門主が当地に見えられたときでした。御門主を 前に、あるお寺のご住職が申されました。「浄土真宗は易行道(いぎょうどう)と言 われ、一番簡単な教えのように考えられているけれども、本当の信心に辿り着くには 長い時間をかけた厳しい思考が必要なのではないでしょうか・・」それを聞いたとき、 私ははたと膝を打ちたくなるものがありました。

十数年考え続け、坊守とも議論を重ねていたものが、ここではっきりと形を取り始 めたようでした。それは、死後のことよりも、今現在生きていることの方に、浄土真 宗のみ教えは、より深く関わってくるのではないか、ということでした。

「現代人は死後のことで思い悩んでいるだろうか、いやむしろいま生きることに思 い悩み、生きる支えを失っているのではないだろうか・・」出発点はここにあります。 浄土真宗は、現代人の今を生きる支えにならなくては、生きる勇気を与える宗教でな くては・・私の心の中にあったものは、こんな思いだったようです。

阿弥陀如来は、自分のような者までお浄土に連れていって下さるのか、自分のよう な者まで救って下さるのか、自分のような者にまで光を当てて下さるのか、それほど までに生きとし生けるものの命を大切にして下さるのか・・ありがたい・・生きる勇 気がしみじみと湧いてくるようだ・・こうして生きる勇気を与えて頂いたからには、 勇気をもって生あるものの命を大切にする生き方をしていこう、世のため人のため、 少しでも役に立つ生き方をしていこう。

こんな風に生きる力を与えてくれるのが、浄土真宗のみ教えの本当の価値だったの ではないでしょうか。死んだ後のことより、今生きていること、つまり、「あの世」 のことよりむしろ、「この世」のことの方に深く関わってくるのが、浄土真宗のみ教 えの、現代における本当のあり方だったのではないでしょうか。

また、生きる勇気が与えられ深い感謝が芽生え、世のため人のため・・言い換えれ ば、生きとし生けるものの命の尊厳をしっかりと心に受け止めて、生きていこうと考 える時、その人の心の中では、死後お浄土へ行くか行かないかということは、あまり 問題ではなくなってくるのかも知れません。もちろん、出発点としては重要ですが、 生きる確信がその人の心の中でしっかりでき上ってからは、重要性が薄くなっ ていくのかも知れません。あるいは、お浄土ということを別の視点で考え直す、とら え直す必要があるのかも知れません。・・この辺りは仲々に難しいです・・いずれに しても、いかに生きるか、いかに勇気ある生き方をするか、そのことにこそ真宗の教 えは力強い指針を与えてくれ、真宗教義の核心も、「今現在生きてあること」を離れ てはあり得ないのではないでしょうか。

自殺者が三万人をこえたとも言います。内科医に来る患者さんの十人に一人は、実 はうつ病とも・・。また、心の悩みに端を発した凶悪な事件も後を絶たないようです。 こんな時代だからこそ、生きる勇気を与えてくれる浄土真宗の必要性や価値も増すの ではないでしょうか。

(人間の頭ってほんとに知れたものですね。たったこれだけのことに、十数年もか かったのですから。浄土真宗=易行道、浄土真宗=お浄土、という固定観念にとらわ れていました。自由な発想を得ることの難しさを痛感しています。お浄土をどうとら えるか、については、現在他の僧侶のアドバイスを受け勉強中です。)


■皆さんのご意見を見てみる


仏の言葉・一日一葉

毎日配信 無料メルマガ

Key word that exists in Amazon and Rakuten.


pagetop