宗派を超えた・やさしいPC法話

蜘蛛の糸

チュウシュン

釈迦はある時、極楽の蓮池を通してはるか下の地獄を覗き見た。その中にカンダタという男の姿を見つけた。

カンダタは生前に様々な悪事を働いたが、一度だけ善行を成したことがあった。小さな蜘蛛(クモ)を踏み殺そうとしたが思いとどまり、命を助けたのだ。それを思い出した釈迦は、地獄の底のカンダタを極楽へ導こうと、一本の蜘蛛の糸をカンダタめがけて下ろした。

極楽から下がる蜘蛛の糸を見たカンダタは「この糸をつたって登れば、地獄から抜け出せるだろう。あわよくば極楽に行けるかもしれない」と考えた。そこで蜘蛛の糸につかまって、地獄から遠く離れた極楽目指して上へ上へと昇り始めた。

ところが糸をつたって昇る途中、ふと下を見下ろすと、数限りない地獄の罪人達が自分の後から昇ってきた。このままでは糸は重さに耐え切れず、切れてしまう。

それを恐れたカンダタは「この蜘蛛の糸は俺のものだ。下りろ、下りろ」と(わめ)いた。すると次の瞬間、蜘蛛の糸がカンダタのぶら下がっている所から切れ、カンダタは再び地獄に()ちてしまった。

それを見ていた釈迦は、カンダタの自分だけ地獄から抜け出そうとする無慈悲(むじひ)な心と、罰として地獄に落ちてしまった姿が浅ましく思われたのか、悲しそうな顔をして蓮池から立ち去っていった。 という話がある。

人の欲は計り知れないが、自分だけ良ければよいと考える人は、救いの手を差し伸べられても、その慈悲にすら気がつかず、また同じことを繰り返してしまう。

お釈迦様はカンダタのたった一つの救いである善行を見逃さずに、救いの手を差し伸べたが、カンダタはその慈悲にこたえることができなかったのである。

この話はカンダタだけではなく、私たちに人間の愚かさを教えてくれる。

                              合掌