仏のみ名を称えるということ

チュウシュン

浄土教の元祖様 法然上人のご遺訓【一枚起請文】では『ただ一向に念仏すべし』とお記しになられております。

お念仏を称えていくうちに三心、四修という三つの信心と、四つの正しい行いが自然と身につくと言われており同時に阿弥陀さまの救済の力を信じる心が身についてくるのです。

信仰上で大事な心は“願う心”であると法然上人は言っておられます。

ひたすら往生を願ってお念仏を称えていくうちに、念仏者にならせてもらえるのがお念仏の働きであります。

お念仏はお釈迦様がすすめていらっしゃる教えであり、阿弥陀仏の本願でもあります。

『この外に奥ふかき事を存ぜば、二尊のあわれみにはずれ、本願にもれ候うべし』

このこと以外に、何か教えがあるだろうというのであれば、あらゆる衆生を救おうとする、釈尊と阿弥陀仏の慈悲に背くことになり、阿弥陀仏の本願による救いから、もれおちてしまうことになるであろうと元祖(法然上人)様はおっしゃられております。 我々はお念仏を称えその教えを信じ願うことが大切なのです。 森羅万象 形あるものは、やがてその姿を失う時が必ずやってきます。「私」という魂は一人さまようのではなく、仏の国へ導かれてゆくために お念仏を称えるのです。

心をいたして専らお念仏を称えることで阿弥陀仏のお迎えは必ずかなうことでしょう

南無阿弥陀仏。 チュウシュン


■皆さんのご意見を見てみる


新着更新

はちす法話・目次

はちす法話・読まれている順

仏の言葉・一日一葉

観経変相(部分) 重文 京都禅林寺

義援金・救援金募集・日本赤十字社

日本ユニセフ協会