僧侶の派遣は明確なお布施の寺院連盟「はちす会」
宗派を超えた・やさしいPC法話

お釈迦様の実践から「命」を学ぶ

どうくう

インドのある村に、キサーゴータミーという若い母親がいました。

彼女は幼い一人息子を亡くし、悲しみに打ちひしがれます。死んだ我が子を抱いたまま、その死を受け容れられずにいました。それを見かねた人の勧めで、彼女は息子を生き返らせて欲しいと、お釈迦様のもとを尋ねます。

お釈迦様は「この村の家々をまわって、これまで身内から一度も死人を出したことのない家のケシの実をもらって私の所に持ってきなさい。そうすれば、子どもは助かるだろう。」とおっしゃいました。

当時のインドでケシの実は、どこの庭にでもある植物だったそうです。

ゴータミーは勇んで、片っ端から家々を回りました。我が子を生き返らせるため、彼女は必死だったのです。

しかし、訪問をうけた家の人たちは、みな悲しく首を振るだけでした。町中の家々を尋ねたキサーゴータミーは、死がどこの家にもあることに気づかされました。 「坊や、ごめんなさい。あなたのお薬はみつからなかったけれど、お釈迦様にお礼を申しあげにいきましょう。坊や、この母に一番大切なことを教えてくれてありがとう。」

キサーゴータミーは、気持ちがすっきりしました。

お釈迦様は、ここでは直接教えを説かず、ゴータミー本人が、「人は死ぬ」という理に気づいてくれるように、ことばかけをされています。

ゴータミーへの対応から、お釈迦様の深いお心が見えてきます。キサーゴータミーの苦しみ、悲しみが、解決されていく過程を通して、私たちにもまた、死という避けられない根本問題と向き合うべきことを教えています。

死が生きる者の逃れられない定めであることを教えられたキサーゴータミーは、そのことを受け入れて出家し、苦しみの世界を超えた悟りの世界を求めていきました。

この話は、私たちが自分自身の問題として仏の教えを聞き、たった一つの命と向き合う大切さを教えるとともに、人生の有り様、この世の無常に気づき、生死を超える道を求めるところに、苦しみや悲しみの根本的な解決があることを私たちに教えています。

最近は減ってきたものの、人の死を穢れとしてお葬式に清め塩が配られることがありますが、仏教では本来この世で最後の儀式として死を受け入れ、お浄土へ送り出すものなのです。

先日、ある小児科の先生のお話を聞かせていただく機会がありました。重い障がいを持って生まれ、一ヶ月以内に亡くなるであろう子どもをご家族が受け入れ、親子関係をどうやって作っていただくか等、チームで支援されているそうです。

また、最上階の一番見晴らしの良い場所を霊安室にした子ども病院、最後まで病気と闘った方のご遺体を正面玄関から送り出す病院など、医療機関の人の死に向き合う意識も変わってきているようです。

人の死を受け入れることで今ある命を大切にする、仏様の教えをしっかり受け止め、日々を暮らしたいものです

                              合掌