宗派を超えた・やさしいPC法話


満中陰までの過ごし方について

はくしょう   

亡くなってから、四十九日迄を、中陰といって、死者となった霊魂は、人間と先祖との中間にあると考えられ、遺族は安静にしていなければいけないとされています。

四十九日までは、死者は家の棟を離れずに留まっていると、世間でよく言われています。これは、自分が居なくなっても、残した家族、一族が幸せに暮らしていかれるだろうかと、心配のあまり、家から離れられないのだろうと考えられています。

ですから、なくなった方に、心配させないよう、日々一生懸命頑張っているところを見てもらい、安心してもらうようにしなくてはなりません。

また、一方で亡くなられた方は、七日七日の節目に分け、四十九日間をかけて、多くの仏様がおいでになる、「曼荼羅世界」へと、旅立つ準備(修行)をすることになります。

その旅立ちをまず迎えてくださるのは、不動明王です。「仏様の世界はこちらです。」と案内してくださいます。心の迷いを右手に持つ智彗の剣で断ち切り、迷子にならないように左手で持つ羂索をしっかりと握らせてくださるのです。お不動さんは恐ろしい姿をしているのですが、悟りへの修行を邪魔する魔物や煩悩から守ってくださるためなのです。

二七日は釈迦如来、三七日は文殊菩薩、四七日は普賢菩薩。この智彗を司る三尊が仏様の世界での守るべき規則を教えてくださいます。六七日は慈悲深い仏様、弥勒菩薩。七七日は薬師如来。左手に私たちを悟りに導く薬の入った壷をお持ちになって、右手の薬指で処方してくださる仏様です。

こうして、多くの仏様さまの慈しみの心により励まされて、自らも修行しながら、仏としての境地を高めていくのです。

皆様におかれましては、この四十九日間は喪に服しながら、七日七日にお墓参りをして、ご自分の近況報告とともに仏様になるために苦労している、亡くなった方を励ましてあげていただきたいと思います。なお、お墓にお参りできない方でも両手を合わせていただければ、その向こうに必ず亡くなった方がおられますので、お祈りをしていただければよろしいかと思います。

合掌

蓮ライン