題名作者名
七回忌に際して 埼玉の曹洞宗僧侶
つながりあういのち 樋崎 成俊
おすそ分けの大事さ。 小西 竜刀
心と心 長命寺住職 加藤高敏
いのち有り難し みやうち
誕生日 まっつん
四十九日の間に。 小西 竜刀
「迷い」と「悟り」 曹洞宗 柴田関山
喜んで捨てる人生 唯可信斯
いのち 釈浩証
お供えもの 小西 竜刀
みんな、超大富豪以上! 日蓮宗僧侶 柘植正也
ご供養で教えられる人生 日蓮宗僧侶 柘植正也
供養は心 日蓮宗 渡邊源昇
スマイル0円、なんてお店もありますが。 小西 竜刀
ハレの日。 小西 竜刀
「生きることと死ぬこと」 浄土真宗の僧侶
「ありのままの自分とは?」 ・・アナと雪の女王より 曹洞宗 柴田関山
逆縁の菩薩さま さすらいの小僧壱
一人前以上と半人前以下 日蓮宗僧侶 柘植正也
一切事是道 曹洞宗 斎藤明慧
お葬式とは 釋 和顔
一日一生 釋 和顔
古風土近江万葉人--法話4 古風土近江万葉人
他人のあやまち、自分のあやまち 照智一生
報恩講法話---2014年 古風土近江万葉人
古風土近江万葉人--法話 古風土近江万葉人
死後について 信楽(しんぎょう)
人として生きること 古風土近江万葉人
ブッダの教え1 波多野文則
今を看る 曹洞宗僧侶 柴田 関山
おかげさま 輪誉 浩晶
死別の体験を機縁・バネとして 西田克己
「月影」 なゆ太
袖触れ合うも他生の縁 悟祐
地獄と佛 hodo
死なないいのち 釋唯信
知らない事の罪 鬼川隆仁
修正会 麦里法見
教えの尊さに優劣なし なむなむかんのん
受け念仏 麦里法見
11月のお話し 西方寺 安国院
十月のお話し 西方寺 安国院
何の為に生まれてきたのか 西氷由起男
九月のお話し 西方寺 安国院
八月のお話し 西方寺 安国院
七月のお話し 西方寺 安国院
真徳法話-その一 近藤真徳
六月のお話し 西方寺 安国院
愛する人と別れなければならない苦しみ 正信
五月のお話し 西方寺 安国院
写経の功徳 妙純
空(くう)より生まれて空に還る 古川範男
高野山の案内犬ゴン 妙純
故人に授ける法名(敬うこころ) 釋 文明
法 名(名は体をあらわす。) 釋 文明
宗教のおおもとってなに? 柴田関山
人間の本当の幸せとは? 西光行信
美女が砂漠で、「もうこりたー」と呟いた ジョウシン
仏教と私 西山要教
苦界安からず 信楽(しんぎょう)
初七日 法要終了後の お話。 ホウクウ
命の供養 釋 青蓮
満中陰までの過ごし方 はくしょう
「縁」~絆~ どうくう

トップへもどる

はちす法話・読まれているランキング 週間ランキング デイリーランキング

題名作者名
仏の国 妙純
いまを生きる 島津義弘
神仏の教え りょうかん
曹洞宗における中陰法要の意義は? 中村道広
布施行 柴田関山
お経をなぜ読むのか?(1) 中村道広
傲慢(ごうまん)と科(とが) つげせいや
経験の落とし穴とお題目 つげせいや
幸せの道しるべ えいしょう
亡き人を供養する本当の意味 入山
お釈迦様の実践から「命」を学ぶ どうくう
大地に根を張る人生 釋学誠
人生ってフシギ えいしょう
亡くなった人はどこに行くのですか? 伊藤
無常 妙純
地獄に佛(ぶつ)となる 慧照
菩薩は実践者、求道者であり、且つ、覚者である(下) 慧照
おかげさま えいしょう
菩薩は実践者、求道者であり、且つ、覚者である(中) 慧照
真宗の葬儀では清めの塩を必要としません 和田隆恩
葬儀 ~ 悲しみに寄り添う ~ 和田隆恩
菩薩は実践者、求道者であり、且つ、覚者である(上) 慧照
日常の正しい生活・仕事とは パート2 慧照
「心の生まれ変わり=輪廻」? 脇領至弘
師僧とその弟子 仏門
日常の正しい生活・仕事とは パート1 慧照
人は、法人は、何のため、誰のために生きるのか?P2 慧照
当たり前ってなんだろう? えいしょう
人は、法人は、何のため、誰のために生きるのか?P1 慧照
合掌して「いただきます」していますか? 一門徒
感謝の心を再認識する 慧照
愛する大切な人を亡くした時 加茂悦子
正見(正しく見る)、この正しい道とは何か 慧照
ひたむきに精進する 慧照
女人成仏と日蓮聖人 松下しょうこう
相対世界の壁を越える 慧照
方便を超越する 慧照
正念を持続する 慧照
人生と八正道 松下しょうこう
私たちは仏になるために生まれてきた 慧照
釈尊の教えは易しい教えなのだ 慧照
心はいつも寂光の都 慧照
次の良き結婚に向けて つげせいや
傷だらけの人生 仏門
お墓に参る 釈 恩徳
蜘蛛の糸 チュウシュン
我が身を知る 鶯蓮
お寺だからこそ 安武隆信
「いのちがけ」ということ 釋断城
一人居て喜ばば二人と思ふべし 釋断城
信心強盛とは 村上了山
仏教観と生きる道理 つげせいや
満天の星の下 家近慧純
ゴータミーとケシの実 チュウシュン
本当の供養 釜ヶ崎の慰霊祭 杉本好弘

トップへもどる

はちす法話・読まれているランキング 週間ランキング デイリーランキング

題名作者名
ぽっくり信仰 アマテラス
苦しみを集めて 釋泰秀
幼な子の笑顔 杉本好弘
お盆を迎えて 村上了山
嘘の是非 いちらく
集う 流道
人と出会うこと(仮題) いちらく
善根の功徳 村上了山
人間のはからいを超えるもの 釋信充
孝養の尊き心 村上了山
現代の妙好人 杉本好弘
葬送の歌 杉本好弘
童謡「象さん」に思う もうりさちお
佛への道 村上了山
草花の命 快照
倶会一処(くえいっしょ) 浅井和雄
ただ我一人のみよく救護を為す 村上了山
亡き人の呼びかけ 阿部 大
二つの毒 村上了山
万善成仏 ほうげん
オバマとアミダ なごみ庵 浦上哲也
ご供養Ⅱ えしゅう
死ぬことの意味 つげせいや
三世の理 三世の誓い 村上了山
ご供養 えしゅう
仏様のまなざしで 諦 譽
幸せについて 釈瑞応
そう言われれば そうかもしれない 釈宗玄
仏様のいのち 湯浅信順
袈裟と衣について 酒井達誓
死んだら墓の下にはいません 順 哲
ご縁をいただく 塚坊主
阿弥陀三尊 ほうげん
小話3 佛門
仏師 鞍作 鳥 ほうげん
聖徳太子と天寿国往生 ほうげん
先祖供養の心 雲遥善行
法事とは 烏乃行水
良い日悪い日 藤枝蓮孝
佛に至る道 藤枝蓮孝
おまかせする姿は佛様 藤枝蓮孝
人間は御仏が創られた 秀導
仏智見 -鬼(下)- 麦里法見
永遠の生命 つげせいや
生かせいのち ~死と向き合う~ 阿闍梨 明光
仏智見 -鬼(上)- 麦里法見
仏さまの拝み方について 阿闍梨 明光
水子供養について 阿闍梨 明光
阿字本不生について 阿闍梨 明光
煩悩具足の凡夫たれ-いのち(下)- 麦里法見
阿字観(あじかん)について 阿闍梨 明光
自分は誰のもの? 釋 健蓮
煩悩具足の凡夫たれ-いのち(中)- 麦里法見
幸せについて つげせいや
法 話 つげせいや
煩悩具足の凡夫たれ-いのち(上)- 麦里法見
仏様は見てござる あなたのする事 なさる事 片寄智雄
煩悩具足の凡夫たれ 麦里法見
気づく 西本親永
さずかった命 釈 秀教
私はここに眠っています。私はここで待っています。 泰峰仙舟
信じる心 釋 健蓮
生活信条に生きる 齋藤 清龍
浄土真宗の「他力本願」とは? 整体坊主 釋健蓮
回忌 中村道広
殺人事件に見る五戒 蓮岡法修
親鴨と小鴨と本願力 蓮岡法修
因果 沙門 良瑞
戒名(法号・法名)とは 大澤明光
平等である人間に優劣などいらない 雲龍
小さな仏 雲龍
今の自分はこれでよいのでしょうか?
心の中の宝 日宣
真剣に おむら

トップへもどる

はちす法話・読まれているランキング 週間ランキング デイリーランキング

題名作者名
自殺大国・日本を救え 大山 健児
極楽浄土って本当? なゆ太
六道めぐりの生活 沙門瑞雲
おかげさま 輪誉浩晶
お盆行事と位牌について 大澤明光
『世界にひとつだけの花』は、 むずかしい 宇田紅
続『世界にひとつだけの花』は、 むずかしい 宇田紅
宇宙からいただいた奇跡の命 白幡
人生の監視システム 秀岳
ご先祖さま 秀海
法然上人のお念仏って なゆ太
「我(が)」ということ 釈 照真
人生をもう少し楽しく 中山玄那
早すぎる・遅すぎる・お葬式 龍風
お盆のこころ 金剛仏子 隆祥
執着心 hodo
不動明王の心をもつ ジュンシ
仏の目 唯釈
ある通夜の席で ハーミー
明日があるさ 明誉
彼岸に思う 明誉
浄土真宗の教えってどんなことなの? 大谷一郎
人の孤独と孤立について 木谷法夫
いま、この時、この場、そのものになる 池田勝紀
観音さまは、どんな仏様? 沙門・宜光
他力本願とは 常見
阿弥陀如来のお働き 常見
ありのまま 芒(すすき)
日にち薬 蓮の花
無題 静蓮社
供養する心を大切に 山川静山
なぜ人は悩み、苦しむ? ダンマダジャ
当会登録にあたり 静澄
幸福に生きる方法 照智一生
人生は、一呼吸 花の菩薩
幸せは、やさしさから 花の菩薩
心に穴があいてしまった方に ヤントラ
自分の力で生きている? 釋氏僧正
精霊まつり 沙門瑞雲
幸せは、弥生三月花の頃 藤田慧観
ちいさい秋 みつけた 藤田慧観
愛語 安達瑞光
先祖供養は親孝行 芦田広道
親鸞様の教えに会えた喜び 釈 一光
お盆(音声あり) 千田寛仁
永年の疑問が・・・ 釈 文誠
「安心できる生き方」のお話し 精連院日法
蓮の華のように 圓宗
ほとけさまと、ともに 沙門瑞雲
幸せの条件 ダンマダジャ
人生の土台 釋氏僧正
先人と共に歩む 釋氏僧正
お盆の行事を縁として 釋氏僧正

トップへもどる