宗派を超えた・やさしいPC法話
ボタン 僧侶の派遣は明確なお布施の「はちす会」

広島で工場の中を車が走り回り、多くの人を傷つけ、命をも奪う事件が起きました。

当然思い出されるのが、秋葉原での連続殺人事件ですが、地下鉄サリン事件も同様の事件のように思えます。

広島と秋葉原の事件の共通点は、どうしても社会的地位とかの、表の部分が取りざたされますが、本当に大切なのは、どちらも一人暮らしで仲間が居なかった事にあるように思います。

地下鉄サリン事件も同様に、仲間が総てであるように錯覚した当時の若者達が、間違った出会いから起こした事件であり、どの事件も「孤独」が原因のように思います。

人は、人と出会うことで世間を作り上げて行きます。しかし、今の時代、人と会わなくても生きてゆけるような便利な時代になりました。お買い物も、インターネットで出来ます。お仕事も、一日中会話をせずに、済むようなお仕事も増えてきました。それだけに、自分の価値観だけで生活が出来てしまい、違う価値観の人と向き合えなくなっているのではないでしょうか。引きこもりや、自殺なども同じ原因かもしれません。

人と出会うということは、煩わしい事もありますが、多くの事を教えていただけます。冷たくあしらわれる事もありますが、暖かく迎え入れてくれることもあります。それだけに、いろいろな経験が出来て、人間の幅が広くなるのではないでしょうか。傷付いてこそ、他人の痛みはわかるのです。優しくされた経験が、他人に優しくするのです。

是非外に出て、人と会いましょう。失敗はありません。自分の都合に合わない回答が得られただけです。どうすれば自分の都合に合う回答が得られるか、一緒に学びましょう。

合掌

 義援金・救援金募集・日本赤十字社