法事とは

烏乃行水

浄土真宗に縁を得て、仏法を学び始めてまもなく、 「法事とは、私が仏法に出会う行事です。」とひとこと、教えてくれた 先達がいた。そーかー、と思った。仏法に出会う縁を仏様が私に 結んでくれたんだー。

法事という表現は幅広い仏事を含みます。葬儀も年忌法要もお彼岸 もお盆も納骨法要も・・・・。みんな法事といいます。

たとえば1周忌の法要を営むとします。 私たちは、ともすると仏前あるいは墓前で合掌しながら、故人を供養 するつもりで「安らかにお眠りください」ぐらいのことを言っているのではないでしょうか。

また、お経は僧侶に任せて、早く終わらないかとうんざり顔して待っているだけ、 なんていうのが一般的ではないでしょうか。

でも、これでいいのでしょうか。故人はすでに仏様になっているのですから 安らかにきまっている。そんな仏様を供養するほどあなたも私も立派でしょうか。

毎日毎日他人を羨んだり、ねたんだり、怒ったり、だましたり、 自分中心に物事を考えて生きているような私たちに仏様を供養する 資格はありません。むしろ仏様がそんな私たちを心配で心配で 放っておけないからこそ、「たまには仏法を味わいなさいよ」と、法事として、 仏法に出会う行事を結んでくれているのです。

このはたらきかけが、故人が仏になっている何よりの証しでもあります。

仏法とは、生きて今ある私にこそ、その生き方を問い、示すものです。

ですから、お経も、僧侶がひとりで、意味不明なのがありがたさの証しでも あるかのように唱えているのではお釈迦様に申し訳ありません。

むしろ法事を 縁に遺族の方々に一緒に唱え味わってもらってこそ意味があるのではない でしょうか。

あくまで「私」が仏法に照らされて育てられてゆく縁として法事は 営まれるものであり、そのことを抜きにして、単にお布施をいただくだけの行事 としていとなむのであれば、仏法は死んでゆくでしょう。

合掌


■皆さんのご意見を見てみる


新着更新

はちす法話・目次

はちす法話・読まれている順

仏の言葉・一日一葉

如来頭部

義援金・救援金募集・日本赤十字社

日本ユニセフ協会