■皆さんのご意見を見てみる

「戒名(法号・法名)とは」

大澤明光  

在家の方が亡くなられた場合は、戒名によって、ご本尊様と縁を結ぶことになります。 それは、名は体を表すといわれるように、故人の経歴や教典などから考案して名付けた仏弟子としての名前です。

いわゆる生前戒名を与えられている方はまれで、ほとんどの方が、「ぼつごさそう没後作僧」といって、死後に、遅まきながら出家させて、修行することで、成仏できるように願って、お導師から戒名を授かっているのが一般的です。

多くの方の戒名は、
@道号○○+A戒名○○+B位号○○で構成されています。

@道号は、現世の徳を表します。雅号や俗名の一字などを用います。
A戒名は、死後の世界を内容とします。清字(虚字−おおむね独立して用いることがなく、一定の意義のない字)を用います。
B位号は、故人の信心の深さを表します。居士・大姉、禅定門・禅定尼、信士・信女、未成年のものの四つに分けられます。

戒名にも、相場とか目安があって、世間の不評を買っているようです。故人や遺族の方々は、信心の度合いにおいて、お布施をすればよいことで、僧侶は黙って有難く頂戴すればよいことだと思います。

hasu-line


post このお坊さんへお手紙

オンライン書店ビーケーワンにある仏教法話の本
お問合わせ
copyright(c)2007 hachisu-net.com all rights reserved