宗派を超えた・やさしいPC法話

良い日悪い日

藤枝 蓮孝

朝起きまして、陽の光を見ますと、ああ今日も良い天気だ、と私など思います。

ところがそれが何日も続きますと農家の方などお困りになるのですね。

米や野菜が育たないから雨が必要なのです。

こういう時の雨は、農家の方には恵みの雨になるわけです。

私にとっては「良い日」が農家の方にとっては必ずしも「良い日」にならないということです。

自分の都合だけで良い悪いを言っている私に気付かされました。

如来さまは、晴れた時も良し、降った時も良し、という心をお与え下さいます。

合掌


皆さんのご意見を見てみる
蓮ライン