宗派を超えた・やさしいPC法話


神仏の教え

りょうかん   

本日 皆様とお勤めをさせていただきました。皆様と亡き方のご冥福(めいふく)そして安楽な世界に安穏(あんのん)と行っていただきたい、死を確信し成仏(じょうぶつ)を願う時間が十分に持てた事と思います。

新聞やテレビでのニュースを見聞きいたしますと、耳を覆いたくなるような災害・事件・事故が入ってまいります。どの事件や事故にも加害者や被害者があり、そのどちらにも親族と家族がおいでになります。その方々達が、一体いつになったら平常心の生活を送る事ができるのでしょうか。長い時間がかかってしまうのではないかとご察しいたします。爪に日を灯すような思いで、日々を真面目に坦々と家族と、つい先ほどまで時間を共有された方々が、一瞬にしてお亡くなりになられ、その方々の冥福も死を確信し成仏も願う事もなく、なんと理不尽な事でしょう。亡くなられた方々のご遺族の皆様はその死を受け入れる事も認める事も出来ずに、今も苦しんでおられるのではないかと思います。ただただ時間だけが、救いの手立てとしかいいようのない思いで49日間 100ヶ日忌を共に過ごさせていただく事がございます。「信仰」という事を考えます時にこれだけ拝んだから、これだけ賽銭(さいせん)をうったから神仏が幸せを与えてくれ(わざわい)を取り除いてくれるというものなのでしょうか。私は幸せと禍は、人一人に平等に与えられているものではないかと、感じる事があります。人一人の福分(ふくぶん)、そして禍は試練として。

だれもが事件に巻き込まれ事故に遭うかも知れず、災害に遭って逃げ遅れる事も、病気になる事も年老いて体に障害を持つ事も、だれしもが、そうなる可能性を含み生きている事を。

信仰は病人が病気になった時に病人としてどのように生きていくか、その係わりにどのように慈しみいたわりをもって優しく対応する事ができるか。災害や事件や事故に遭った被害者と加害者の係わりをもった人が、どのように相手の立場になって生きていくか。障害を持ったものが障害者として世の中に、どのような係わりを持って生きがいを感じ生きていくか、そこには命の重い軽いはなく、人として行うべき正しい道を、どのように生きていくか、それを教えて下さるのが神仏の教え、導きではないかと思います。手を合わされました時に自分達は、拝んでいるのではなく、たくさんの過去精霊(かこしょうりょう)から、いままでに自分たちの身の安全と無事を反対に祈られ願われ、今日の日を迎える事が出来たと感じ、受けた恩と感謝に報いる生き方ができているのだろうか。過去精霊が何を大事にどのような事を大切に生きてこられたのか。人からどのような感謝を受けて生きてきたのか、それを守り継承していく事が一番の供養ではないかと思います。

合掌

蓮ライン