文字の大きさ

皆さんのご意見を見てみる

【人生の監視システム】

秀岳

最近は街に監視カメラが増えています、「街の安全」を見守ってくれるといいますがこれって、安心な社会なのでしょうかね?

昔は、家の御爺さんや御婆さん、近所の叔父さん叔母さん等が子供達に

「ウソをつくと 閻魔えんまさんに舌抜かれるぞ・・・」

「悪い事すると、三途の川を渡れないぞ・・・」

「ご先祖様に合わせる顔が無い」

などなど、よくこうして叱っていましたが、最近では残念ながら

「悪い事すると、お巡りさんに捕まるぞ・・・」

「人に怒られるからやめなさい・・・」

などと言って叱る大人を見かけます。

こんな考えの中で、「街の安全」を考えたとき増えていくのが監視カメラなのではないでしょうか?

しかし、私達には、24時間・365日どこにいても何をしていても監視していてくれる高性能な「監視システム」が身近にあるのです。

私達は実は常にお釈迦様やご先祖様に監視されています。

いや、正確申し上げれば

常にお釈迦様やご先祖様に護られているのです。

常にお護り頂いている、お釈迦様やご先祖様に日々感謝すると共に、その事を心に刻み日々生活される方が増えれば、きっと街中からは、監視カメラが減るでしょう。

平和な社会に成りますように、共に願いましょう。

Key word that exists in Amazon and Rakuten.