通夜・葬儀、会葬者の心得

通夜前の弔問

故人と親しかったり、ご近所のため、お通夜の前に弔問することがあります。その際は地味な平服で訪ねます。喪服で行くことはお気持ちを傷つけることになり絶対にしてはいけません、香典や供物も持参しません。

通夜の出席

最近では仕事の都合上、昼間に行われる告別式より通夜に出席する人が多くなってきています。服装は遺族ではないので黒か紺・グレーなどの平服でもかまいません。

葬儀会葬者のマナー

一般会葬者の服装は、黒か紺・グレーなどの平服、喪章は付けません。

式場では、私語をつつしみ、目礼にとどめます。

焼香は宗派によって作法がいろいろありますが、こだわる必要はありません。


参考文献---仏教べんり事典 大法輪閣
蓮華

pagetop