文字の大きさ

臨済宗の教え

宗 祖

中国の臨済義玄、ただし、日本に臨済宗を伝えたのは、栄西

教 義

生まれつきそなわっている仏性を座禅によって目覚めさせ、人生を豊かに生きる。

一無位の真人」という言葉によって語られる「真実の自己」へ導く修行として公案が出題され、座禅の実践中に工夫し考えてゆくという過程の中で悟っていこうとする。また、日常のすべてが修行であるとし掃除、畑仕事などの労働も重んじられている。

「赤肉団上 [しゃくにくだんじょう] に一無位 [いちむい] の真人 [しんにん] あり。常に汝等諸人 [なんじらしょにん] の面門 [めんもん] より出入す。未だ証拠せざる者は、看 [み] よ看よ」---臨済義玄

本 尊

特定の本尊は立てないが、その寺院の縁に応じて、釈迦牟尼仏・薬師如来・大日如来・観音菩薩・達磨大師といった尊像が安置されている。

本山

臨済宗では本山はなく、南宋の制度を導入して、五山制度が設けられていた。現在では、一五の分派ごとに本山を有している。

そのほか各宗派の総本山・大本山へのリンク集

経 典

特定の経典は定めていないが「金剛般若波羅蜜経(金剛経)」「大仏頂万行首楞厳神呪(楞厳呪)」「白隠禅師坐禅和讃」などが読誦されます。

臨済宗の高僧

鈴木大拙釈宗演、中原全忠、荻野独園、仙豪`梵、白隠慧鶴道鏡慧端円空盤珪永琢至道無難沢庵宗彭金地院崇伝安国寺恵瓊快川紹喜雪舟等楊一休宗純絶海中津虎関師錬宗峰妙超関山慧玄夢窓疎石一山一寧高峰顕日南浦紹明無学祖元蘭渓道隆心地覚心円爾弁円兀庵普寧栄西臨済義玄


参考文献
お問い合わせ