文字の大きさ

真言宗の教え

宗 祖

弘法大師空海

本山

おもな宗派の本山です。

高野山真言宗
----金剛峰寺
真言宗智山派
----智積院
真言宗豊山派
----長谷寺
真言宗御室派
----仁和寺
真言宗醍醐派
----醍醐寺
真言宗大覚寺派
----大覚寺
真言宗山階派
----勧修寺
真言宗泉涌寺派
----泉涌寺
真言宗善通寺派
----善通寺
新義真言宗
----根来寺

そのほか各宗派の総本山・大本山へのリンク集

本 尊

大日如来が本尊だが、釈迦如来、阿弥陀如来、薬師如来、そのほか観音、地蔵なども大日如来の徳を表しているとの考え方から同様に祀られる。

祖師信仰も真言宗の特徴で、弘法大師空海を本尊とし、お大師さまとして親しまれている参詣寺がある。

教 義

大日如来と一体となって修行すれば、この身がこのまま仏になることができる。(即身成仏)と説き、また、三密加持が即身成仏の方法であると説いた。

実践法----手に印契を結び(身密)、真言を唱えて(口密)、心を集中させて(意密)本尊に祈ることである。これによって宇宙と一体になり、奇跡や不思議を生み出す仏の力を授けられて即身成仏し、悟りを開くことができる。

経 典

大日経金剛頂経が根本経典

真言宗の高僧

興教大師覚鑁玄宥仁海聖宝承俊専誉寛朝大石順教釈雲照鉄門海慈雲契沖浄厳木食応其満済宥快文観頼瑜叡尊文覚仁寛性信観賢聖宝宗叡常暁

空海の十大弟子

真済真如真雅実慧道雄、円明、杲隣泰範智泉、忠延


参考文献
お問い合わせ