文字の大きさ

浄土真宗の教え

宗 祖

親鸞

本山

大谷派
東本願寺---京都市下京区
本願寺派
西本願寺---京都市下京区
高田派
高田専修寺---滋賀県大津市
興正派
興正寺---京都市下京区
仏光寺派
仏光寺---京都市下京区
木辺派
錦織寺---滋賀県野洲郡
三門徒派
専照寺---福井県福井市
出雲路派
毫摂寺---福井県越前市
山元派
證誠寺---福井県鯖江市
誠照寺派
誠照寺---福井県鯖江市
古寺・名刹
築地本願寺---東京都中央区
西念寺---茨城県笠間市

そのほか各宗派の総本山・大本山へのリンク集

教 義

阿弥陀仏の本願力を信じることで、浄土のへの往生と、往生して仏となったのちに衆生を救うために再びこの世に戻る、と説く。

念仏(南無阿弥陀佛、なむあみだぶつ、なもあみだぶつ(本願寺派))を称えること(称名念仏)を通して、阿弥陀如来の慈悲を信知せしめられ、悪人を含む全ての人が浄土へ往生し成仏するという絶対他力への信順を往生成仏の正因とする。このことから、真宗の教えを漢字8字であらわすと、「信心正因 称名報恩」と言われる。

本 尊

阿弥陀仏一仏ですが、形象本尊(絵像または木像)と名号本尊がある。また、名号本尊には「南無阿弥陀仏」の六字名号と「南無不可思議光如来」の九字名号、さらに「帰命尽十方無碍光如来」という十字名号がある。

経 典

根本聖典は「仏説無量寿経」「仏説阿弥陀経」「仏説観無量寿経」の浄土三部経、また、開祖である親鸞の著した「教行信証」も重んじられている。

浄土真宗の高僧

多田等観金子大榮暁烏敏大谷光瑞高楠順次郎清沢満之井上円了南条文雄島地黙雷月性顕如蓮如覚如善鸞性信順信真仏恵信尼


Key word of bookshelf

参考文献