葬送のながれ

◆「葬送のながれ」はあくまでも一般的な順序を示すものです。地域や慣習、また、宗旨などにより大きく異なる場合があります。ご了承下さい。

◆明らかに一般的でない部分や間違いがありましたらご指摘をお願い致します。しかし、宗教家からのご指摘はその宗旨にかたよる可能性があり、お許しいただく事があります。

危篤

1.家族、親族へ連絡します
最後の別れに悔いを残さないように手早く連絡します。
本人自身が会いたがっている人たちにも連絡します。

臨終

2.搬送業社へ連絡します
ご遺体の搬送は葬儀社が兼務している事が多く、ほとんどが24時間対応しています。
3.末期(まつご)の水をとります
医師より臨終を告げられたら、末期の水(死に水)をとります。
新しい筆の穂先か、割り箸の先にガーゼや脱脂綿を白糸でくくり、茶碗の水に浸して故人の唇をぬらすようにします。
配偶者から順次、血縁の濃い順に一人づつおこないます。

(実際には、病院から自宅に帰ってから行う事が多くなりました)

●末期の水・・・釈尊も入滅の時、喉の渇きを訴え、水を求めました。あの世 への旅立ちで、喉が渇かないようにとの思いやりです。

肉親や特別な関係の方には至急知らせますが、それ以外の方々には通夜、葬儀の日時が確定してから連絡します。
4.死亡診断書の受け取り
ご自宅で亡くなった場合でも、医師による死亡の確認が必要です。
医師による死亡確認の後、死亡診断書を受け取ります。

(死亡届と死亡診断書は同一用紙となっています)

病院で亡くなった時は、入院費用の精算を済ませ、故人の荷物を持ち帰ります。
5.ご遺体を自宅に迎えます
納棺までの間、仏間または座敷に安置します。
ご遺体は北枕に寝かせます。

(北枕にできない場合は西枕でも構いません)

胸元に魔除けの刃物を置きます。
6.枕飾りと神棚封じをします

(枕飾り)地域、宗旨により異なる場合があります。

枕元に白い布をかけた小さな台を置き、枕飾りを用意します。
一般的には水、枕だんご、線香、ローソク、一膳飯、花台(しきみ、又は一 輪菊)を飾ります。

●枕だんご・・・地方地域により異なりますので世話役と相談の上決めて下さ い。上新粉で作ります

一膳飯は故人が使っていた茶碗にご飯を丸く山盛りにし、箸をまっすぐに突き立てますが宗派により異なります。
必要に応じ鈴(りん)を用意します。 (尚、枕飾りは地域、宗派により多少異なる場合があります) (神棚封じ)地域、宗旨により異なる場合があります。
神棚の戸を閉め、白紙をはります。

●神棚封じ・・・死を不浄とする神道からきている。神聖な神棚に死が及ばな いように防ぐため。

7.町内会に連絡します
町会長や班長、隣組に連絡します。
8.隣近所へ挨拶します
向こう三軒両隣りは、直接あいさつに出向きます。
町内への連絡は、町内会長を通じて行うようにします。

●遠い親戚より近くの他人・・・お願いすることや相談する事がたくさんある と思われます。駐車場、花輪、食器など。

9.寺院に連絡します
故人の名前や続柄などを伝え、僧侶のご都合をお聞きします。
戒名、法名などをつけていただきます。
僧侶のご都合に合わせ通夜、葬儀、初七日の法要などのスケジュールを検討します。
葬儀をつとめる僧侶の人数、送迎、お布施の額などを相談します。

●枕づとめ(枕経)・・・最近では行なわれない事が多くなってきておりますが、亡くなられた晩にお経を読んでいただくのが枕経です。

10.葬儀の具体案を決めます

(日どり)

親戚、寺院、葬儀社、町会の世話役などの関係者と協議し、通夜と葬儀の日 時会場を決定します。
初七日法要の日時も決めておきます。

(喪主)

一般的には、故人と最も血縁の深い人が喪主になります。
喪主は年忌法要、墓参りなどを主宰していく責任がありますので、慎重に決定します。

(規模と予算)

故人の地位や遺志、遺族の希望によって葬儀の規模(家庭葬、社葬)と予算を決めます。
会葬返礼品(お返し)の予算、数量を決めておきます。

(世話役や係)

世話役と細かく打合せを行ない、任せることが良いでしょう。
葬儀をスムーズに行なう為、喪家の事情や地域の習慣がわかっている方に世 話役をお願いします。世話役は寺院や葬儀社との打合せに立会い、全体の流れを把握し喪主に代って葬儀に関する様々な事柄を指示して頂きます。
受付係、接待係などの必要な係を決め、役割分担をしておきます。
弔辞の依頼もしておきましょう。

●世話人役割・・・会計、受付、案内、炊事、進行、連絡などの係。又僧侶の 送り迎え、通夜ぶるまいや火葬場の接待係など。

(料理の手配)

通夜ぶるまいの料理、精進落としの料理、お手伝いの方の弁当や引き出物な どの手配をします。
11.火葬手続きをします
市役所、町村役場に電話で火葬の予約、葬儀の日時を知らせます。
死亡届け印鑑、国保の場合は保険または年金証書を持参し火葬、埋葬許可書 を申請します。
人数によっては待合室の予約も行ないます。

●予約は先着順の為早目に。もし、火葬時間とお寺様の時間が合わない時は火 葬時間を変更しお寺様の都合に合わせると良いでしょう。

12.親類や友人、勤務先に連絡します
通夜、葬儀の時間が決まったら直ちに連絡します。
故人や遺族の会社関係には、社内で中心となって伝達してもらえる上司など に連絡します。
13.通夜の準備
座布団、お茶、お茶菓子、お酒、料理、お布施袋、など用意。
遠方よりみえる親族の宿泊の用意。
履物、携帯品の置き場所ゃ番号札用意。
14.喪服を用意します
喪主はなるべく正装(通夜は略礼服のブラックスーツ)を用意します。
喪主以外の遺族も略礼服のブラックスーツや黒のワンピースを用意します。
子供の場合は学校の制服を着るようにします。
各自念珠(数珠)を用意します。
15.式場の設営と祭壇の位置を決めます

(式場設営)

葬儀の会場と祭壇の位置を決め、部屋をかたずけます。
受付台を用意します。
幕張りやテント準備を行ないます。
近所の主要道路へ指さしなどの道案内を設置します。

(葬儀当日に混雑が予想される場合、最寄りの警察や交番に届けておくように します)

納棺

16.ご遺体をお棺に納めます
ご遺体を清める湯潅(ゆかん)を行ないますが、現在は病院で処置してくれ ています。
親族の手でひげをそったり、口紅をさしたりしてあげます。
経帷子(かたびら)、手甲脚絆、白足袋、わら草履、六文銭の入った頭陀袋 などの死装束を着せます。

●宗旨により異なりますので、葬儀社又は僧侶にお聞き下さい。

ご遺体をお棺に納める時は、近親者の手で行ないましょう。
故人の愛用品も一緒に入れますが、不燃物は避けます。

通夜

17.僧侶を迎え通夜法要をします
通夜は普通夕方6~7時頃から始めます。
僧侶を控室にお通しし、お茶をお運ぴします。
僧侶がお見えになったら、一同着席します。
祭壇に近いところから喪主、肉親、近親者、友人の順に座ります。
焼香の指示があったら、喪主から順に僧侶に一礼し焼香します。
回し香炉を使用する時は各自の席でおこないます。

●通夜・・・故人の遺体と共に一夜を過ごし、故人をしのびます。

●通夜手順・・・一同着席、読経、焼香、法話

18.通夜ふるまい
通夜終了後、ころあいを見て喪主又は親族代表が通夜の挨拶を行ないます。
-例-「本日はお忙しい中を、わざわざ通夜にお越しいただき、ありがとうございました」「故人生前中は皆様に大変お世話になりました。皆様においでいただき、故人もさぞ喜んでいる事と思います」「尚、粗食を用意致しましたので、お時間の許す限りおくつろぎ下さい」
弔問客にお食事や酒を出して接待する事を、通夜ぶるまいといいます。

(最近では簡単に食べられる寿司、サンドイッチ、オードブル、ビール、ジュ ースなどが多いようです。)

通夜の弔問客は順次お帰りになりますが、お見送りしなくても失礼にあたり ません。
部屋がせまい場合は近くの公民館やお隣りをお借りしてもよろしいでしょう

●部屋に余裕が無い場合や、会場がせまい場合などは粗供養だけで、通夜ぶるまいを省略する事もあります。

19.ご遺体をお守りします
以前は近親者が交替で、祭壇のローソクと線香を絶やさないようにお守りし ていましたが、心労や飲酒の疲労から火の不用心も心配されますので無理せずともよろしいでしょう。
20.開式前の確認事項
焼香の順位をあらかじめ決めておきます。
火葬場へ行く人数を確認し、車の手配をします。
あらかじめ乗車札などを渡しておくこともあります。
出棺後の留守宅の責任者を決めておきます。
司会、式進行の打合せは、葬儀当日にもおこないます。
弔辞、弔電などが届いたら進行係に届けます。
弔電奉読の順位を整理し、進行係が読み違えをしないように添え書きをして おきます。

葬儀式

21.葬儀式はおおむね次の順序でおこないます
1.喪主、近親者、親族なでの参列者が祭壇前に着席します。
2.司会者が開式のことばを述べます。
3.僧侶が入場します。
4.読経がはじまります。
5.僧侶の焼香があります。
6.弔辞、弔電の奉読があります。
7.喪主の焼香に引き続き親族、来賓、一般会葬者が焼香をおこないます。
8.読経が終了します。
9.僧侶が退席します。

(大規模な場合を除いて、葬儀式と告別式は区別せず同時におこないます)

●葬儀・・・死者に戒を授け、煩悩苦痛のこの世から、寂静安楽なさとりの世 界に導き入れる祈りの儀式です。

●引き続き初七日法要を営むことも多くあります。

出棺

22.最後のお別れをします
祭壇からお棺をおろし、ふたをあけます。
お棺の回りに集まり、最後のお別れをします。
お別れの後、祭壇に供えられていた花を入れ、美しく飾ります。
喪主、遺族、近親者の順で釘打ちの儀をおこないます。

●釘打ち・・・小石で釘を打ちつけます、これは石の持つ霊力で死者を守るという意です。

23. 霊柩車にお移しします
近親者がお棺を持ち、霊柩車にお移しします。
出棺の際、喪主が位牌を持って先頭にたちます。その後に遺影、お棺とつづ きます。

●これらの作法は地域により異なります。世話役や僧侶と相談の上お決め下さ い。

24.喪主、遺族代表から挨拶します
喪主、または遺族の代表が出棺に先立ち御礼の挨拶を述べます。
-例-「本日は、お忙しい中をわざわざご会葬頂き、ありがとうございました 。このように沢山の方々にお見送りいただき、故人もさぞかし喜んでいる事 と存じます。これからも故人同様、変わらぬご指導をくださいますようお願 い申し上げます。どうもありがとうございました。」

火葬

25.火葬場で荼毘(ダビ)にふします
火葬場の火炉のまえか、火炉の中にお棺を安置します。
読経、焼香のあと、点火されます。
約一時間控室にて待ちます。
係員の指示に従い、お骨あげをします。
木と竹を組み合わせた箸、または竹の箸をもちいます。
二人一組となってお骨を拾いあげ、お骨箱にいれます。
係員が骨箱に添えて埋葬許可証を渡してくれますので、確認して受け取ります。

(留守居は祭壇を取り払った後、部屋の掃除をして、中陰壇「後飾り」を設けます)

●釈尊も荼毘にふされました。煩悩を焼き尽くす浄火の中に死者を送る「納めの式」です。「箸」は「橋」に通じるところから、死者への思いをこめて三途の河の橋渡しをする。

(ご遺骨を持ち帰ります)

お骨箱は喪主が持ち、位牌、遺影は血縁の濃い人がもちます。
26.ご遺骨を迎えます
火葬場から帰ったら水で手を洗い。塩で清めます。

(宗派により異なります)

後飾り祭壇に線香、ローソクをともし、生花、供物を供えます。
ご遺骨を祭壇に安置します。
27.還骨勤行と初七日法要をおこないます
僧侶を迎えて還骨勤行をおこないます。
引き続き初七日法要を営むことも多くあります。
初七日法要は親戚、故人の親友、葬儀に際してお世話になった方々などをお招きします。

(初七日法要は、亡くなった日をいれて七日目におこなうのが本来ですが葬儀の当日に行なう事がおおくなってきました)

28.精進落としをします
還骨勤行の後、葬儀でお世話になった方々らに対しお酒、料理で精進落としをして、労をねぎらいます。
喪主と遺族は末席に座り、御礼の挨拶をします。

-例-「皆様方のお力によって、今日ここに滞りなく葬儀をすます事が出来ました。誠にありがとうございました。」

29.葬儀の後始末
世話役をはじめとして葬儀中に手伝って頂いた方々からの引継ぎは、なるべく葬儀当日におこなうようにします。
引き継ぐものは、主につぎのようなものです。
1.香典
2.香典、供物の控え帳
3.弔電.弔辞
4.会葬者名簿と名刺
5.会計帳と残金
6.領収書
道案内などを忘れずに撤去します。
道路が汚れている時は、清掃しておきます。
世話人などへの挨拶は葬儀後、三日以内にすべてすませましょう。
お寺さんへもご挨拶しておきましょう。

◆「葬送のながれ」はあくまでも一般的な順序を示すものです。地域や慣習、また、宗旨などにより大きく異なる場合があります。ご了承下さい。

◆明らかに一般的でない部分や間違いがありましたらご指摘をお願い致します。しかし、宗教家からのご指摘はその宗旨にかたよる可能性があり、お許し頂きます。

pagetop