夢の本棚社かいわい

太田道灌像

太田道灌像

弓を持っているところを見ると狩りの姿だろう。江戸城を築いた道灌だ が、日暮里駅近くの月見寺(本行寺)には物見塚もあったという。平成 元年に造られた像だが、堂々とした姿が周辺の雑踏にはなじめず妙に落 ち着かないのは、発展途上の町のせいだろうか。

繊維街

布の町、繊維の町はまたヤングカジュアル激安の町でもある。世が世な ら道灌さんのお嬢さんも買いにきているかも。
繊維街
夕やけだんだん

夕やけだんだん

どこか懐かしさを感じさせる名だが、最近つけられたのだという。ス キップしながらのぼってみたくなりませんか。このだんだんから谷中銀 座がよく見える。

谷中霊園

谷中の墓地には古木が多い。桜の名所でもある。徳川家の墓地を含め、 かなり広く、有名人も多く眠る。墓地の中央に交番があるのだけれど、 訪ねてくるのは道に迷った仏さまだとか。
谷中霊園
新交通

新交通

駅前は巨大な工事現場だ。中国風にいえば竜、ドラゴンが駅を飲み込も うとしているようだ。もっともこの辺りは朝鮮系、中国系の人々が多 く、かなり国際的な町なのだ。ドラゴンはゆっくり確実に脱皮していく。

新・日暮里駅

太田道灌像の見上げる先は鷹ではなく、ビル群と空中鉄道です。道灌も びっくりでしょう。日暮里舎人ラインは無人、自動操縦の鉄道です。隅 田川、荒川を越えるときは高速道路よりも高くて、遠く富士などを望 み、気持ちのよいものです。
新・日暮里駅
柿並木

柿並木

柿並木というほど立派ではないけれど。道の両側の歩道にほんとに柿が なっているのです。誰が食べるんでしょうか。<柿の木坂は駅まで 3里...>という歌がありましたが(古すぎて誰も知らない)、ほ んの駅前です。

 夢の本棚社
〒116-0013 東京都荒川区西日暮里2-54-2-402  
TEL 03-3803-7867 
メールメール
最初に戻る
夢の本棚社・社長ブログ
ゆめほんのホーム