「故人に授ける法名(敬うこころ)」釋 文明法話-2

故人に授ける法名(敬うこころ)

釋 文明

有縁の方の死は、この上ない仏縁といえるでしょう。「いのちとは何か」ということを残された方々に語りかけます。

不断の生活のなかでほとんど気にしていない、生死(しょうじ)の問題が、生きていることが当たり前と思っている我が身に、理屈抜きに突きつけられるのです。亡き人によって「ほんとうのいのちとは?」と考えさせられる時、その方は「仏の願いを自分に気付かせて下さった方」=「仏様の弟子」・「善知識」と味わうことが出来ます。

子は死して 旅路往くらん死出の旅 往き路知れずと 帰り来よかし 露の世は いとも儚き 世と知れと 教えて帰る子は 知識なり
紫式部

故人に法名を授けることは、私に身をもって、いのちの有り様を教えて下さり、遇い難い仏法に遇わせて下さった仏弟子「善知識」として敬う、心の証しです。

「悲しい存在」として心の奥にしまい込むのではなく、また、「何かしてあげないといけない存在」として哀れむのではなく、「我が命と引き換えに、私たちにほんとうのいのちを与えたもうた存在」と味わう中に、故人へ授ける法名の意味があります。


法名は冥土への手土産でも、亡くなった方への花向けでも有りません。

生死(しょうじ)の問題を自らの後生の一大事(ほんとうのいのちとは?)と受け止め、すべてを仏様にお任せする身とならせていただき、限りあるいのちをつよく明るく生き抜いていく証、法名はそのことを自らが名告る名前なのです。

合掌


■皆さんのご意見を見てみる


新着更新


はちす法話・目次


はちす法話・読まれている順


仏の言葉・一日一葉

義援金・救援金募集・日本赤十字社


日本ユニセフ協会


Sponsored Link




© hachisu-net.com

pagetop