「幸せの道しるべ」えいしょう法話-4

幸せの道しるべ

えいしょう

私たちは、常日頃の生活の中で、嬉しい事・楽しい事・幸運が続いていって欲しいと願うばかりであります。

しかし、それとは逆に、辛い事・悲しい事・不運に巻き込まれる事も、しばしばあります。

生まれてから亡くなるまで、この交互の繰返しで精神を成長し続けていくものですが、出来ることならば、良い事が続いて欲しいものですが、本来人間は困難を味わい、その経験を肥やしにして、喜びを得て次へと立ち向かうものであります。

苦労して楽するのではなく、苦労して楽しみを感じれば、きっと自分なりの自分ひとりにしかない道しるべが見つかり、本当の幸福も心から味わえるものでしょう。

合掌


■皆さんのご意見を見てみる


新着更新


はちす法話・目次


仏の言葉・一日一葉

義援金・救援金募集・日本赤十字社


日本ユニセフ協会


Sponsored Link







© hachisu-net.com

pagetop