「地獄と佛」HODO法話-1

HODO

佛教にいろいろな教えのある中で、「地獄」とか「佛」というものは何処に存在するのかと様々な経典を紐解いてみますと、地獄は地の下にあるという経典もあり、西の方に佛がいらっしゃるという経典もございます。

しかし改めて考えてみますと、我々の身の内に、父親のことを悪く言ったり、母親を粗末に扱ったりするようなことがあった時、その人の心がまさに「地獄」ではないでしょうか。

「佛」もまたこれと同じように、我々の身の内に住まわれております。懺悔や感謝の心がその現れでございます。

このようにもいわれます。

籠の中の鳥が鳴くと、空を飛ぶ鳥も呼ばれて集まってくるように、また、空を飛ぶ鳥が集まれば、籠の中の鳥も籠から出ようとするように、声に出して南無妙法蓮華経と唱えれば、我が身の佛性も呼ばれて必ず現れます。佛の佛性も呼ばれて我々を守って下さいます。と。

合掌


■皆さんのご意見を見てみる


新着更新


はちす法話・目次


はちす法話・読まれている順


仏の言葉・一日一葉

義援金・救援金募集・日本赤十字社


日本ユニセフ協会


Sponsored Link




© hachisu-net.com

pagetop