「万善成仏」ほうげん法話-4

万善成仏(まんぜんじょうぶつ)

ほうげん

有花必有實  有善必成仏
花があれば、必ず実がある。
善があれば、必ず仏と成る。

聖徳太子ご親筆と伝えられる、法華経の注釈書「法華義疏(ほっけぎしょ)」に記されたおことばであります。

「あらゆる善を同一の原因として、仏の永遠なる生命を得さしめ給う神藥のようなお経。」法華義疏 冒頭に記された このお経に対する太子様の総まとめのお言葉です。

「諸の悪を作すなかれ、諸の善を奉行せよ。」という太子様が山背大兄王(やましろのおおえのおう)らに与えたご遺言にも、善の実践が説かれておりました。

善の実践と和の実現。21世紀を生きる私たちにも、関わりの深い日々の大きな課題であります。

合掌


■皆さんのご意見を見てみる


新着更新


はちす法話・目次


はちす法話・読まれている順


仏の言葉・一日一葉

義援金・救援金募集・日本赤十字社


日本ユニセフ協会


Sponsored Link




© hachisu-net.com

pagetop